雀のしっぽ。

フィクションとノンフィクションです。

考えないということ

精神科の医者に

「考えなくていいことは考えない事だ」と言われた。

 

しかし私としては考える必要があるからべくして、思考を巡らしているのであって、これが考えなくていいことだとは私には思えない。

 

夜な夜な生きることと死ぬことについて考えている。

 

答えなどないし、考えた所で何かが変わる訳では無い。

けれど、私はそれを考えずには生きられないし死ねない。

 

自分で生きている事を肯定も否定も出来ない。

それに頭を悩ませ続けなければ、私は存在も消滅も出来ない。

 

考えなくていいことってなんだろう?

 

 

当たり前に生きることを選んで、当たり前に普通の生活を送れる人からしたら、自分が死ねない理由なんて考える必要もないし、考えようとすら思わないのだろうけれど

それを考えずには居られない人もいるんだよ。

 

思考の放棄は、則ち死だ