雀のしっぽ。

フィクションとノンフィクションです。

死して尚も死ぬ

いつだって私の死にたい気持ちは私だけのものだ。

何ひとつ分かっちゃいないくせに分かったようなフリをする、そして分からずとも分かりたいと思っているなどと軽々しく言いながらその感情を踏み躙る人に口を出されたくない。触れられたくない。

いじめがあった時に、実態を知っていながら何もしなかった黙認していた、のは加害者と大差ないと言うのだから、これもある意味そういうことだと思う。

加害者だとまでは言わないけれど、当事者から取ったら味方なんて1人もいないんだ。

もしそれでも私に対する好意が、愛情がというなら、1度でも私の中で壊れているものを埋めてくれたことがあったんだろうかと尋ねたい。

私は普通じゃないから、他人と同じ土俵で同じクオリティで行動することですら、私にとっての精一杯だった。ギリギリだった。だからそれすら続かなかった。

でもそれで見切りを付けるならその時点で付ければよかった話で、それを口で分かったと言いながら首を絞め続けていた。

分かったって、何を分かったの?

じゃぁ何をしてくれたの?何を汲んでくれたの?

ああするよこうするよって口先だけだったじゃないか。

 

言われた通り。

普通に生きることすら出来なかったのは私なんだよ。そんなことはわかってる。

でもそれは生ぬるく普通に生きていられる人間が言っていい言葉じゃないよ。

誰が望んで、最初から自殺してしまうような人生を選ぶのか。

誰が望んで、自分の存在を自分で否定するのか。

そのしんどさを欠片も知らない幸せな人に、どうして最後の私の自尊心まで蔑まれなきゃいけないのか。

ギリギリの所で生きている、死にたい自分を肯定することでなんとか自分を棄てずにいられる。それも否定されなきゃいけないなら、それこそ私は息が出来ない。

 

そんなことしなくたって当たり前に生きていられるまともな人間になりたかった。

 

23年間毎日悪意に浸されて生きて、実の親に刃物を突きつけられて、寄生虫と呼ばれて、生きていることを否定され続けて、それでも真っ当な心を持ったまま普通に生きていける人がどこかにいるなら教えて欲しい。

一体私はどうしたら普通でいられたの?

何も出来なくなってしまった自分を自分でも認められなくて、普通に生きている周りの人たちを見上げて。

もうこの先希望もないのに、まだ飼われて生きながらえていて。あの時死んでいればと何度も思って。何も無いのにひとりで笑ったり泣いたり忙しくて。ついに壊れてきているなぁと感じて。病院に行ったって効きもしない薬が出されるだけで。やっぱりはやく死んでしまいたくて。

 

じゃぁ私はどこでどうしていたら誰かに救われたの?

そうじゃないじゃない。

結局自分は自分でしか救えなくて。だからこれが唯一の私自身を私が護る術な訳で。救う術な訳で。

 

分かっていたって思うのよ。

それだって他の誰かには手を差し伸べてくれる誰かがいつだっているじゃないか。

絶対的な味方がこの世に存在するじゃないか、って。

 

私にはいないから、いるフリをして生きている。自分はひとりじゃないって言い聞かせて生きている。

わかる?私が1番信用していて何でも話せるあの人たちはこの世に存在しないんだよ。

存在しないポジションに、存在する誰かを連れてきてまで生きたかった。そこまでして誰かを信用したかった。もう誰だったか忘れたけど。

信頼関係なんて一瞬で消えて二度と戻らないものだけどね。虚しいね。

 

そこまでして惨めに生きながらえている屑の気持ち、分かるわけないよな。

分からなくていいから、こんな底辺での腐っている死体のことはさっさと記憶から消して、二度と思い出さないでくれ。