雀のしっぽ。

フィクションとノンフィクションです。

ごめんなさいで済んだら警察はいらないんだよ

って言うとどこのヤンキーだよって感じだが。

 

私は「もうこいつとはもう縁切るわ!やってらんね!!」って吹っ切れてしまえば言いたい放題言うけれど、後々の付き合いも視野にいれなきゃいけない相手は揉めることすら面倒くさいので「まぁ(何がかよくわかんないけど)私が悪かったよごめんね」で済ませてしまえばいいと思っている節がある。

 

もちろん話して解決することなら多少時間をかけたって話し合うべきだし、伝えずに何も変わらないと言うよりは1度は伝えようとする努力はするべきだと思うけど。

 

でも試してみて「ああこの人には伝わらないな」と思ったら、さっさと匙をぶん投げるべきだと思う。

 

何十年も違う環境で生きてきた相手に自分を理解してほしいというのも馬鹿げた話だと思うし、逆に私だって相手の気持ちなんて汲み取れないし、仮に相手の言っている要望や理屈を理解出来ても、それを納得することは出来ないし、故に私が気持ちや価値観を変えることは不可能だ。

 

 

似た環境で生きてきた人間同士はなんとなく相手を推し量る「才能」が拓けると思うし

逆を返せば、そういう「私を理解する才能のない人」と時間をかけて議論しあったところで、私の気持ちや考えや価値観を本当の意味で理解するのは容易なことではない。

 

普通に考えて、20年以上何をして何を見て何を聞いて何を考えて何を感じて、そうして出来た今の感情を汲み取るなんて全くの他人に出来るわけがないし求めるだけ無駄だし

他人の汲み取れない感情のために、「納得は出来ていないけれど相手の要望を飲むために自分の価値観や考え方を捻じ曲げる」なんて出来ない話だ。

 

 

故に私は適当に謝る。

 

本当は納得のいっていないことを場を収めるために謝るというのは、つまり歩み寄りの放棄だ。

 

そういう時に私の言う「ごめんね」は

「私は謝ったからね。これ以上責めないでね。はいもうこの話終わり!」という試合終了の合図であり、「あなたが私に対して不満を抱いているのは分かったけれど、私はこういう人間であなたのために変わるなんて出来ないからごめんね」の意味だ。

 

私だけじゃなく大概みんな「ごめんなさい」ってそういう使い方してると思うけれど。