雀のしっぽ。

フィクションとノンフィクションです。

死なないための醜い言い訳とかなにか。

久々にここまで死にたい。

でも死ぬ時には、髪色を完璧に綺麗なピンクにする、と決めているのでとりあえず今日は死なない。

死ぬ時まで見栄を張る自分、すごく頭が悪そう。

そんなくだらない理由をつけてずるずる生きている自分、すごく滑稽。

 

 

 

時間が経つのは案外早い。

ここ1ヶ月私は随分とアクティブだった。

 

多分1月から11月までを全部合わせたより12月から動いたし、すこし張り切りすぎた。

思い切りと、ノリと、嫌われたくない気持ちだけで

色んなことを決めて、色んなことを始めて、色んなものを捨てた。

 

正直あんまり計画性とかはない。

今の自分にどこまで出来るのかも自信はない。

止まっていたものが動き出すのには物凄いエネルギーがいるわけで、じゃぁそんなエネルギーが今自分のどこにあるのかと言われたらよく分からない。

エネルギーというか、見栄とか体裁、嫌われたくないって気持ち。

 

理由があるとは言い訳しつつも「何も出来ていない自分」はクソだと思うし嫌いなので

そんな自分を好きな人に見せて、嫌われてしまうのが怖くて。

理由なんてそれだけ。

 

でもじゃぁそんな見栄だけでどこまで頑張れるのかってわからない。

むしろ、今日、明日、いつまたダメになってしまうのか。

私の気力がどこまで続いてくれるかって不安しかないな。

 

なんたって、1年半もずっと死んでいた。

毎日泣いてばかりいたし、目眩とか全身の痛みとか気持ち悪さとかで寝たきりだったし

何より、それをどうにか打破するという気力すら湧かずに、ただ自分の存在価値を否定し続けながら天井を眺めていた。

 

いつ死のうか、どうやって死のうか、いやもうそんなこと考えるのも面倒臭いから誰か殺してくれないかなって。

死ぬって案外めんどくさい、サラサラと砂になって消えられたらどんなに楽か。

 

なんにも食べられなくなって体重が40kg切ったり

真冬に川に沈みに行って風邪をひいたり

包丁を握ったまま朝まで座り込んで泣いていたり

 

我ながら振り返れば振り返るほど本当に頭のおかしい奴だと思う。

ていうかほんの2ヶ月くらい前迄そんな感じだった人が、この1ヶ月まともに生きている(普通の人からしたらまともじゃないんだろうけど)って結構奇跡だ。

 

そんな綱渡りみたいな状態で生きているので、ちょっと気を抜くとプッツリ切れそうになる。

というか、切れかける。

いやもう切れてるのかも。

 

何日も頭痛が治らない。

よく分からない耳鳴りがする。

いきなり理由のない希死念慮に追い込まれる。

理由はあるんだけど、気付かないふりをしてるだけかも。

そうしてなぜか泣いている。

 

久々に 「死にに行こうかな」って馬鹿みたいに寒いベランダで夜風を浴びながら思った。

 

死ぬ時に着る服は決めている

死ぬ時にするメイクも、聞く音楽も、最後に食べるものも、最後にツイートする言葉も

全部全部理想の形が決まっている。

 

でもきっと本当に最後はそんなこと何ひとつしないまま、ふっと。ぷつりと。終わってしまうんだろうなぁって思っている。

 

死なないためにこんなくだらない文章を書いている。

文章を書いてさえいれば、私はまだ生きていられる。

どんなに死にたくても、死にたい気持ちを反芻して、沼の底に沈んで、自分を否定し続けることで、生きていられる。

リストカットとかODとかってしたことないしする気もないけど、多分こういうところに死にたい気持ちを書いて読んで自分を否定して、死にたい自分を肯定することが私の精神的自傷行為

 

こんな風に死にたいって繰り返して

そんな私にまともさは欠片もないし、普通とは遠くかけ離れているし、人間の屑みたいなものなので

きっとどんどんボロが出ていく毎に幻滅されて最後は嫌われてしまうんだろうなぁって被害妄想をして

また、しにたいなぁって思う。

(その反面心のどこかで受け入れてほしいなんて思っているのはエゴだし、甘えだし、そんな自尊心のための押し付けはクソだと思う。)

 

まあ、きっと嫌われたってわたしはヘラヘラ笑って、なんでもないフリをしてサヨナラを言うんだ

そして誰もいないところでこっそり泣いて、またあの冷たい川で死体になるために生きるんだ。

 

 

今すぐ死んでしまえば、嫌われることもないんだから、その方がずっと幸せなんだろうに。