雀のしっぽ。

ひっそり生きている

夢現

 

月が綺麗でした

 

星が綺麗でした

 

いつも醜いのは 私だけでした

 

鏡の中の醜い姿を見たくなくて

下ばかり向いていたら

 

空は陰って いつの間にか 月も 星も いなくなってしまっていた

 

あなたの街の月は綺麗ですか

 

あなたの街の星は綺麗ですか

 

その空は 黒く 濁ってはいませんか

 

 

そうだとしたら

そうだとしても

 

なんでもいいや