雀のしっぽ。

フィクションとノンフィクションです。

夏は嫌いだ

 

暑いし   日差しが強いし 

それになによりセミがいるし  

 

あれは求婚のために 鳴いて いるというけれど

私には、7日後に訪れる死を恐怖して 泣いて いるようにしか聞こえない

 

だから 窓を開けて あの耳障りなジリジリが聞こえると
無数の「助けて」が聞こえてくるようで
耳を塞いでしまいたくなる

 

7日間 死から逃れようと必死に泣き続けたそれは

抗うも虚しく 抜け殻になって アスファルトに転がっている

 

何年も助けを求めることすら出来ないでいて

やっと声を発せるようになったと思ったら 死んでしまう

無惨で 無力で その抜け殻は気持ちが悪い

 

何も出来ずに死んで行く まるで 私の未来を見ているようで

とても気持ちが悪い