読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雀のしっぽ。

ひっそり生きている

檻の中の石の人

 

「助けるよ」「迎えにいくよ」

なんて言葉を 何度聞いたか

 

私には生きている理由がない

痛いのも苦しいのも嫌いだし

痛い 苦しい思いを今すぐしてまで死ぬ理由が特別なくて

 

それをその程度の苦痛と言ってしまえばそれまでなんだけど

 

私は

ただ 死ねないから生きているだけ で

私の明日に太陽は昇らない 花は咲かない

 

あの人たちの機嫌をとって

何でもないようにへらへら笑って

顔を合わせたら怒鳴られて

理由も分からず殴られて

そんな毎日がいつ終わるのか

そもそも終わりなんてあるのか

 

そうして毎日すり減らしていたら

いつのまにか 薄っぺらい感情だけが残っていた

 

私は誰かを好きだったんだろうか

私は私が好きなんだろうか

私は

 

私が 私自身の問題を処理しきれなくて

放り出しているだけのことなのは

理解している

 

理解していたところで

それを解決する術も

ヒントをくれる司会者もいないのだから

それをどうすることだって出来ない

 

昨日と同じ今日を 365回繰り返して

周りの人が 歳をとり 歩いていくのを

もう何年も同じ場所からただ見ているだけ

 

「その籠から出してあげるよ」

「その鎖を断ち切ってあげるよ」

なんて優しい言葉に 騙されてきた

 

そんな甘い話あるわけが無いこと

本当は私が一番知っていた

 

自分の何かを削って それで破片が拾えるなら

それだって良かった

 

小汚いことはいくつもしてきたし

人に言ったら引かれるようなこともしたし

私がひとりで墓場まで持っていかなきゃいけないことだらけだ

 

そして そこまでして

私の手元に残ったものは何ひとつないし

鉄の檻に傷ひとつつけてはいかなかった

 

「助けて欲しい」

「誰も私を救ってくれない」

なんて言うのは きっと傲慢だ

 

自分自身の人生を他人に投げ出して

きっと怠惰だ

 

なら 最初からそう言ってくれればいいんだ

「誰もお前を助けない」

「誰もお前に手を差し伸べない」って。

 

そうしたら

私は誰かに期待もしなかったし

きっと今頃冷たい石になって

ずっと眠っていられたのにね