雀のしっぽ。

ひっそり生きている

ハリセンボン

大体いつも

置き去りの願望だったから

 

大体いつも

針を飲む約束ばかりだったから

 

全部の指でゆびきりしたって 足りなかったから

もういっそ もぎ取ってしまえばいいのにと思っていた

 

だって どうせ なんか また 

もうどうでもいいや

 

明るい未来なんて、平和世界なんて、幸せな人生なんて

出来っこないって知ってるくせに

それでも待ってるんだよ

間抜けに待ってるんだよ

 

無い指で約束をまた するんだよ

 

約束された時が 全て落ちきって

空っぽのその時がやってきて

 

もういつでも辞めていいこと

もう私の中にそんな約束はないこと

 

そして全部千切って 失くしてしまったこと

そして新しく契って 進んでしまったこと

 

予定を延長してまで

とくにやりたい事もないんだけど

もう一度だけ もう一度だけ って

またゆびきりをして

引き延ばして 生きているのは

とても みっともないな

 

結ぶ指も 飲む針も 全部消毒して

イチからやり直せたら 少しは良かったのかな

 

*

 

そういえばハリセンボンの卵には毒があるそうだよ。

可愛いよね、ハリセンボン