雀のしっぽ。

ひっそり生きている

ねれなかった


自分の選んだ道に後悔はしたことがない
それによって今の私が存在することをって知ってるから

無知が生んだ失態も
軽率に取った行動も
何かを失った瞬間も

もしあの時こうしていればどうなってたかな?
なんて考えないわけじゃないけど
何度そこに戻ってもきっと同じ生き方をする
同じ道を辿る
そうしてどんなに辛くても、同じ場所に着く

後悔なんてするわけないのよ

私は身を持ってして、時間を消費して
「それ」を学んでる

そうしてこの先だって
永遠に後悔することなんてないんだって
自信を持って言うわ


なのにどうして
今はこんなに不安なんだろうね?

あの時「ああ」していればよかった?
やっぱりそんなことないな
仮にこれが大きなロスを生んでも
やっぱり私は「あの」時間によって今を得ている


自分の選択してきたストーリーでBAD ENDになんてなりようがないの

大丈夫

私は明日だってその先だって幸せだ

大丈夫って言ってもらったから
最強だって言ってもらったから

私が大丈夫じゃないわけがないだろう


とりあえず今の問題は
寝れないけど目と体だけでも休めるか
寝れないから諦めてモンハンでもするか
寝れないから睡眠薬でも放り込んで朝寝過ごすか
どれを選ぶか。

答えは4番。
やっと眠れそうだから寝る。