雀のしっぽ。

ひっそり生きている

ひとりごと

青の盃

目が覚める。 イヤホン越しに聞こえる声で 「ああ私はまだ生きている」って感じる 日に日に自分の生きている場所が霞んで見えなくなる 次に踏み出す一歩は空を切って落ちてしまうかもしれない、という不安に駆られながら生きている。 寂しいとか不安だとか苦…

ネガってる

親が心から嫌いだと気付いて10年経った。 周りの子が言っていた「お母さんがうざい」とか「お父さんが嫌い」なんていうのは 私が思ってるのとは全然違って いつの間にか世界は嫌いなものばかりになってしまった。 たくさんのものを犠牲にして、歪んでいって …

まちぼうけ。

ひとり置いていかれた気になって、悲観して、被害者ぶっている。 彼らが私に意地悪をするために私を置き去りにしたのではなく 世界はいつも通り動いていて、私がずっと止まっているだけなんだ。 待っている時間ってとても長い。 1時間が永遠みたいに感じる。…

twentyone

今年も何も変わらないわ。 ここにまたひとり。

non title

誰が罪人で誰が悪人で誰か責任を負わなくちゃいけなくて なんて細かいことは本当に困ったら大体専門家がなんとかしてくれる 結局私達がしなくちゃいけないのは 犯した過ちに対して、傷つけた誰かに対して、 罪悪感を持って、負い目を感じて、反省をすること…

正義の悪役

私の人生がつまらない 私の人生が不幸尽くしだ 私の人生が鬼畜モードだ 私の人生が無意味だ 私の人生がゴミだ そう感じる度に 色んなものを切り捨てて、環境を変えて、付き合う人達を変えてきたのだけれど どこに行っても、誰といても、何をしても やっぱり…

生きるのが怖いという感情

どうにも本当に言いたいことを言う方法を覚えてこなかった。大したことじゃないことならいくらでも口に出来るのに。 ワガママな性格のくせにワガママを言う方法も覚えてこなかったからお腹の中に鬱憤が溜まって真っ黒になった。 言えない言葉が閉じ込められ…

生物的個性保護指針

「いじめはいけないこと」なんていうのは 大体子供のうちに、それはもう耳にタコが出来るほど聞かされる。 「悪口はいけません」 「暴力はいけません」 「自分がされて嫌な事は人にしてはいけません」 「自分より弱い者を攻撃してはいけません」 子供に「いけ…

KiraKira

お祭りで売ってるアクリルの宝石とか 勿体なくて使えないままのオーロラ色の折り紙とか 車のライトに反射するアスファルトのキラキラとか 浜辺に転がってるガラスの破片とか そういう安っぽい綺麗な物にとても惹かれる ダイヤの指輪や真珠のネックレスみたい…

文月

7月、もう1年半分終わったのか。はぇーよ。 今年入ってからろくなことしてません。 相変わらずぐうたらだらだら。 ついでに色々やらかしながら。 まだ7月の頭だというのに、35度とかいう地球温暖化万歳みたいな気温に殺されかけている今日この頃です。 もう…

好きなタイプは優しい人ですか。

よく「好きなタイプは?」なんて話をすると 「優しい人かなぁ」なんて答える人が結構いるもので 私はひねくれてるし大変性格が悪いので それを聞いて「はぇ〜〜〜すっごい」って思ってる。 優しい人ってなんだ? 誰にでも分け隔てなく優しい人?ていうかそもそ…

うどんが食べたい以外の感情がない

結局こんなもんだよなぁ、くらいの感情。 欠けてるし歪んでるとは思うけど、 こないだも今回も「可哀想」「罪悪感」みたいな感情は沸かないんだよな。 (前回みたいにひとりで完結させられなかったことは反省してる) 普通の感情が足りない。 とりあえず無性に…

善悪の彼岸

性善説だとか性悪説なんてものがある。 生まれながらにして人は善人だとか悪人だとか。 正直、他人の本質なんてものはどうでもいいと思う。 表からどうやったって見えない物を拘ったって仕方がない、数値で表せない物を争ったって仕方がない。 結局本当に大…

自分以外の全てが幸せな世界

ひどく虚ろな世界に羽根を下ろした刃だらけの地面を歩いて悪意だらけの空気を吸って飛び方も忘れてしまったようだ抱え込んだ記憶の在り処を辿るのは明日の涙を拭うことになるのかな鍵を掛けた引き出しの奥を掻き回すのは君の荷物をひとつ降ろすことになるの…

週末から墓場まで。

きっとどこまで行っても私は私を愛せないし、私は私を信じられないし、私は私を犠牲にして傷付けることでしか生きていけないんだと思う。何事においても、根本的に「本当に最後ダメだったら私が死ねばいいや」と思っているから、人並みレベルの道徳心とか倫…

無限ループ自己嫌悪

「自分を愛しなさい」「自分を信じなさい」「自分を大切にしなさい」なんて。小学校の道徳の教科書みたいなヒューマニティを説いてくれる彼らは私を愛してはくれないし私を信じてはくれないし私を大切にはしてくれない自分を愛せず自分を信じられず自分を大…

承認欲求

人は自分を認めてもらわないと生きていけない生き物らしい。承認欲求。"自分は悪くない。悪いのはこの世界と、私を、こんな世界に産んだ親と、タイミングだ。自分は間違ってない。ここまでの選択も、今踏み出すこの1歩も、誤りではなく確かなものだ。愛され…

0.02mmの友情

私は友達が少ない。学生時代の友人のリア充ツイートやinstaglamの投稿を見ていると時々笑ってしまう。「〇〇と呑みー笑」「彼氏と3ヶ月記念日♡これからもよろしくね♡」「サークルのメンバーで焼肉〜!」お前ら…元気だな…かくいう私もリア垢というものは持っ…

可哀想な世界のつまらないヒロインの話。

鍵垢で「死にたい」と呟いて彼女は誰かに「生きろ」と言って貰えるのを待っている。欠如を積み重ねてきた故に満たせない不安を埋めるために、依存と愛とを履き違えてまで居場所を求める。依存でいいから必要として欲しい。身体だけでもいいから繋がりが欲し…

parsley

支えなんて物があると思うな。理解者なんてものがあると思うな。そんなこともう10年も前には分かってたことだったのに、何を今更。無個性無感情無関心無表情無愛想余計な物なんてない方がいいだって所詮ただの飾りだし皿の隅に置かれて、捨てられるのを待っ…

錆びた釘と病熱と痛みと。

無理が祟って自分を呪った。体調管理なんて基本的な事も出来ないのか。1人で生きていけるようになるんだって思っていたのにいつの間にか同じ道を辿っているようで家を出るなんて無理なんじゃないかとかルームシェアの話を引き止めてしまったのは間違いなんじ…

スペースデブリ

感情という物は、自分以外の誰かと時間を共有するためにあるのだと思っている。そして自分の過ごした時間を他人と共有することで、自分の存在を確かめている。嬉しいことを報告したり愚痴を聞いて欲しくなったり悲しみを埋めあったり怒りを喚きながらぶつけ…

救済と返答

「助けて欲しい」自分の全てを知ってほしい。過去を、犯した過ちを、汚いところを全部を受け入れて欲しい。自分には貴方しかいない。ひとりぼっちは嫌だ。他の人が同じ時間をかけて集めてきたものを、今更集めることなんて簡単には出来なくてそれは全て自分…

生温く。

お久しぶりですどうも。基本的に、生温く適当にアバウトに生きてきた方だと自負している。特別その環境が嫌いだったわけでも完全に不登校だったわけでもないけど学校だって休みたい時は休んだし写真が撮りたくなったらカメラを掴んで出掛けたし思い付きで色…

世界の終わり 夜明け前

思うになにかの終わりというのはゆるい放物線を描いていてゆるゆると速度を落としながらいつかふっといなくなることなんだろうそういうことなんだろうまるでオルゴールの音がそっと消えるようにそんなふうに綺麗な終わりを迎えることを何度も願ったし そうし…

もしもし。

「もしも」が本当になったらその時はどうするんだろうね。自分の力だけではどうにも出来ないことに突き当たったら。やっぱり私はそれを誰にも言えないんだろうな。仮にそれが当事者であっても。責任を押し付けあって壊れた関係はいくらでも見てきた。そして私…

Astronaut

結果がこれであっても自分の来た道が自分にとって最善だったと言えるそんな20年間でした。きっと怒られるけどね。それでも幸せでした。全部彼らのおかげでした。ありがとうございました。"真相は明かさない。 何故なら私は探偵ではなく ただの旅人に過ぎない…

本気と本音と裏腹と

本気を出さないように気を付けています。上手く行かなかった時の言い訳に出来るし余計な本音が漏れてしまうから。全ては要らないし今のままで十分だ私は自己完結型の幸せを手にしたしむしろ少し欲張り過ぎた気さえするだから代わりにこのある種の地縛が延長…

ねれなかった

自分の選んだ道に後悔はしたことがないそれによって今の私が存在することをって知ってるから無知が生んだ失態も軽率に取った行動も何かを失った瞬間ももしあの時こうしていればどうなってたかな?なんて考えないわけじゃないけど何度そこに戻ってもきっと同…

幸福的な持論

この間、綺麗な物の話をした。「物には終わりがあるから美しい」なんて言うけれど消えてしまう美しさは儚さが見せる幻影でいつまでだってそこに在るという安心感が本当の美しさなんじゃないか(自分のfbより)それに対して頂いたコメントは「時の流れそのものが美…