雀のしっぽ。

フィクションとノンフィクションです。

夢の中で考えていたこと

無条件で自分を愛してくれて、許してくれて、認めてくれて、味方でいてくれる人間がほしい。 所謂幸せな家族って、きっとそういうもんなんだろうなぁと思う。 私もそういう平凡を持って生まれたら、こんな風にひねくれてもいなくて、もっと些細なことを素直…

ガラクタ置き場

何かを切り捨てることの面倒くささはよく知っている。 きっかけは些細な妥協で、そのまま惰性で続いていただけのものも、慣れてしまえば案外それが普通になってしまう。 気付かないうちに、心の隙間に入り込まれている。 感情を許してしまっている。 時間が…

考えないということ

精神科の医者に 「考えなくていいことは考えない事だ」と言われた。 しかし私としては考える必要があるからべくして、思考を巡らしているのであって、これが考えなくていいことだとは私には思えない。 夜な夜な生きることと死ぬことについて考えている。 答…

激落ち君で消したいもの

最近よく、誰かが死ぬ夢を見る 昔飼っていた犬とか 大好きなおばあちゃんとか もう何年も会ってないない友達とか その度に「私だったらよかったのに」っていう自分の声で起きる 5年間 何もせずにいた。 人生の5分の1近くただ息をしていただけ。 もう、まとも…

懐古

3ミリくらい考えた もし、とか だって、とか とっくに終わったことを思い出して あの頃は幸せだったのかもしれないと思った なら、とか また、とか あるわけないよな 自分で終わらせた物がまた始まるなんてそんな都合のいい話 じゃぁ例えば どうしたい、とか…

人<物

人を失うことより 物を失うことの方が怖い。 人は代わりがある。 というか、そこにいるのが誰だって大して私にとって変わりないんだと思う。 私が今話しているのは他人で 私が今手を繋いでいるのも他人で 私が身体を許したのも他人で 他人だから いつか居な…

私の言う寂しいはlonelyではなくemptyなのだと思う。

そもそも人間らしい感情が欠けているので、人の言う寂しいという気持ちがあまり分からなかった 頭ではわかるし言葉ではわかる ただし共感は出来ない、そんなところ。 みんなの言う寂しいってどんなのだろう 察するに、誰かの声を聞いて優しい言葉をかけて欲…

幸せアレルギー

誕生日に死のうとしていた人間が 今日もまだ呑気に生きている つまらないことで笑って つまらないことで泣いて つまらないことで怒って つまらない空気を吸って生きている そんな仮面の下で、命にしがみついて惨めだねって自分を傍観している自分がいる 何度…

幸せになりたい

幸せになりたい そう思うくせに、私はどうなれたら一体幸せだと思えるのか自分でだって分かっていない。 一生遊んでいられるだけのお金があったら?超タイプのイケメンに愛されたら?整形して誰もが羨むような美人になれたら? 私は何になりたいのか。何がし…

煙を吸って 夢を吐いて

無理をするのをやめた 無理をして合わせるのも、言いたい言葉を飲み込んでニコニコするのも、したくもない行為を受け入れるのも、くだらない馴れ合いを嬉しいフリをするのもやめた。 毎日が生きやすくなった。 生きている土俵の違う人間と一緒にいることがど…

1/1000

自分の身の程は自分が一番よく知っているので 本当に私なんかがどうしてって思う。 自分自身を卑下して否定するのは 私を選んで私という人間を認めて今の私全てを好きでいてくれる周りの人達に対して失礼だってことくらい、頭ではわかってる。 でも仕方ない…

自己欺瞞

嘘だと知っている言葉を気付かないフリをして飲み込む。 来ないと知っているいつかの予定を心待ちにするフリをしてカレンダーに書き込む。 そうしてありもしない幸せがそこにあるようなフリをして笑っている。 他の人の手にある光が まるで自分を照らしてい…

遺書を書きました

軽い気持ちで死にたいって思うことくらい誰でもあるだろうけど、23年間生きてもう十分だなぁと思った。 子供の頃から、一番近しい大人に人格を否定されて暮らしていたら、どこかがおかしくなってしまったようで、普通のことが出来なくなった。普通のことも出…

バフ解除

なにかの歌で 「愛してる」の響きだけで強くなれる気がしたよ なんて歌詞があったけれど 本当に愛の言葉は魔法だと思う。 その言葉が嘘か真実かはさておいても、愛を囁かれるだけでなんとなく生きていられる、強くなれる、なんだか前向きになれる、まだ頑張…

@18

あまり人を信じないし、逆に疑いもしない。 そもそも期待をしない。 うっかり思い入れなんてものを持ってしまうと、裏切られたりその期待に背かれたりした時に立ち直れなくなる。 なった。 何が悲しいのかも、何が悔しいかも、何が辛いのかも、伝えられない…

死して尚も死ぬ

いつだって私の死にたい気持ちは私だけのものだ。 何ひとつ分かっちゃいないくせに分かったようなフリをする、そして分からずとも分かりたいと思っているなどと軽々しく言いながらその感情を踏み躙る人に口を出されたくない。触れられたくない。 いじめがあ…

嘘とパン

今までに食べたパンの枚数も、今までについた嘘の回数も覚えてはいないけど、間違いなくパンより嘘の方がずっと多いと思う。 嘘を嘘と見抜くこと 嘘を嘘だと知った上で楽しむこと 嘘を嘘だと気付かれないこと 嘘を嘘にしないこと これが出来ない人は生きづら…

無題

モノクロの空の下 フェンスを伝う雨と 足元の水溜り 6月は僕の嫌いな物ばかりでばかりでばかりで 置き忘れてきた傘を取りに戻るのももうなんだか億劫で イヤホンを耳に詰め込んで 次の世界に飛び込んだ ガラスにうつる 昨日の君をまだ忘れたくなくて 大丈夫…

ごめんなさいで済んだら警察はいらないんだよ

って言うとどこのヤンキーだよって感じだが。 私は「もうこいつとはもう縁切るわ!やってらんね!!」って吹っ切れてしまえば言いたい放題言うけれど、後々の付き合いも視野にいれなきゃいけない相手は揉めることすら面倒くさいので「まぁ(何がかよくわかん…

LMT(らぶまねーとれーど)

愛は金では買えないが、愛は金で買える物に置換できる 時間や 距離や 花や そういう金で買えるものを以て 愛は量られる そうじゃなかったら愛なんて目に見えない物をどうやって確認するんだ? 証拠もなしに自分が愛されているなんて自信を持てるのは、愛され…

生きたいやつは死ね

今年で23なんだけど、案外周りの友達が結婚したりしてて早いなぁなんて。 まぁ実際結婚願望はそんなにない。 だって家族とかよくわかんないし。子供好きじゃないから産みたいとも思わないし。 恋人も家族も、同棲してれば同じことじゃない? あとは書類上形…

ギリギリ人間でいたい

昔本かなにかで読んだ。 "ある程度知能のある動物は道具を使うことが出来るが、道具を作り出すことは出来ない。道具を作ることが出来るのは人間だけである。" たしかに、スプーンを使える猿はいても、スプーンを作れる猿はいない。なるほど。 スプーンを作る…

私を育てた人

そういえば母の日なんてイベントがありましたね。 SNSで「母の日だからお母さんにプレゼントをあげた」なんてほんわか投稿を見て、鳥肌立たせて震えてたのは私です。 とにかくそれを見て気付いたわけですが、今年は珍しく強制イベント回避したんだ。 毎年、…

自称クズ 多称クズ

同級生がみんな社会人になった。 かたや私は今日も今日とて引きこもりをしている。 今何してるの?と聞かれるととても困る。 かろうじて生きているよ、としか言えない。 私の人生には、「死ぬ」という選択肢があちこちにあった。 他の人が自分の意思で学校を…

夢は覚める 朝は来る そしてまた夜がくる

今日見ているこの夢は 明日には覚めてしまう 今日見ているあの月は 明日には欠けてしまう 今触れているこの指は 今聞いているこの声は 今目の前にいるこの人は 明日に確かなものなんて何ひとつない いつ崩れるか分からない橋を渡るような人生を それでも前を…

踏み外す

ずっと普通の土俵で生きてきた。 そして「普通じゃない」ことを嘆いている。 普通じゃないくせに普通の人と比べるからしんどいわけで。 周りの普通を全部ばっさりさようならして Unrealとこんにちはしたら 少しはこの息苦しさもなくなるんじゃないかな。 普…

知った口を聞くな.com

「仲悪いのは知ってるけどなんだかんだここまで育ててくれた血の繋がった親なんだから、そんな風に親のことを悪く言うのは良くないよ。もう子供じゃないんだからそれくらい分かるでしょ。」 「そういうことは、血の繋がった親に包丁突きつけられて死ねって言…

春だねぇ

春は嫌いです。 桜が綺麗だし、暖かいし、なんだかみんな楽しそうだし、節目の季節だから。 今日もお布団の上でInstagramを眺めては 同級生の大学の卒業式だとか、卒業旅行だとか、就職先の研修だとか なんかそんな最高にクソつまらなくて幸せそうな投稿を鼻…

死にたい呪いをかけられている

根本的に自分が生きている価値のない人間だと思っている。 とか言いながら、それなりに普通に生活しているし、好きなものも嫌いなものもあるし、楽しい時には笑うし、悲しい時は泣く。 なんだかとても人間をしている。 それでもやっぱり私は私を生きている価…

好き、嫌い、才能がない。

‪幼稚園くらいの頃、ピアノが大好きで本気でピアニストになりたかった。‬‪ピアノばっかり引いてたし、友達の誰より弾ける自信があったし、実際弾けた。‬‪幼稚園の先生が弾いてる伴奏もなんとなくで耳コピ出来た。‬ 小学生になって、伴奏を任されるのはいつも…